1. ホーム
  2. 人気ブランド TOA ハンド型ダイナミックマイク(DM1300US) 値引きする

製品仕様
商品名TOA ハンド型ダイナミックマイク(DM1300US)
内容量1個
販売単位1個
仕様●品名:ハンド型ダイナミックマイク
材質/仕上●ボディー:亜鉛ダイカスト
●ヘッド:鋼材+亜鉛めっき鋼線
原産国日本
質量0.25
質量単位KG

当店では2014年3月31日23時59分までは、販売価格を旧税率で表示しています。
出荷や発送が4月1日以降になる場合は別途増税分をご請求させていただく場合がございます。

関連商品


製品仕様
商品名TOA ハンド型ダイナミックマイク(DM1300US)
内容量1個
販売単位1個
仕様●品名:ハンド型ダイナミックマイク
材質/仕上●ボディー:亜鉛ダイカスト
●ヘッド:鋼材+亜鉛めっき鋼線
原産国日本
質量0.25
質量単位KG

当店では2014年3月31日23時59分までは、販売価格を旧税率で表示しています。
出荷や発送が4月1日以降になる場合は別途増税分をご請求させていただく場合がございます。

関連商品

  • 新規登録
  • ログイン
  • close recommend

    国際モータージャーナリスト「ライオンのひと吠え」

    米カーメディア caranddriver 発表の販売台数ランキングで「圧倒的」な日本車勢

    2020年の年頭はアメリカの自動車業界にとって新記録が出るほどで好調が期待された。しかし、コロナ禍に見舞われたせいで、昨年3月には多くの工場が止まり、生産台数が3割以上減ったという情報もある。6月まで新車販売はかなり厳しい状況だったようだけど、7月からは業界に活気が戻り、販売台数が徐々に増えた。

    しかし、すべてのカーメーカーは大幅な販売の減少に苦しんだのに、アメリカの販売トップ25台のうち、14台を占めたのはなんと日本車だった。面白いことに、その14台にランクインされたのは、トヨタ、日産、ホンダという日本のビッグ3のセダンとsuvだった。今回の記事の情報は、2021年1月6日発表のアメリカの有力誌「カー&ドライバー」の調べに基づく。

    人気のある日本車に触れる前に、敬意を払ってアメリカで一番売れている3台を紹介しておこう。



    やはり、アメリカ人の食生活にハンバーガーとステーキが欠かせないと同様に、アメリカ人の多くがとにかく乗りたがるジャンルはトラックやsuvだ。フォードのfシリーズはダントツno.1であり、年間販売78万台以上とバカ受けしている。つまり、昨年に比べて12%ダウンながらも、1時間に87台も売れているという計算になる。毎分1.5台売れる超人気者だ。

    その次は、コロナ禍に影響されながらも14%増で58万台も売れたシボレー・シルバラードと、11%減の(クライスラー製)ラム・ピックアップで56万台。

    この3台を除けば、あとは日本車が4位から10位に5台、11位から25位までに9台が入っている。また、そのトップ25台にはトヨタが6台も入っており、他の日本メーカーはホンダ3台、日産2台、スバル2台、マツダ1台。

    この結果を分析してわかるのは、アメリカ人は大型suvとセダンの両方のジャンルを好むということ。日本では、ダントツでsuvなのに。

    今でもよく覚えている。15年前にデトロイトで、カー&ドライバーの「年間10ベスト」試乗会に参加した時だ。アメリカでバカ売れしているシビック、アコード、カムリ、カローラみたいなセダンは日本では人気がなく、月々1000台程度しか売れていないと編集部員に言ったら、信じてくれなかった。「ピーター、日本に居過ぎたんじゃないの?ゼロが1つ少ないだろう」と半分笑われた。

    当時アメリカでは日本のセダンが月々3万台ほど販売されていたから。そこで夕食会中に日本のホンダ広報に国際電話をして聞くと、やはり「先月シビックの販売台数は1100台です」と言う。それを編集部員たちに伝えたら、みんな目が点になっていた。その位、日本ではセダンの人気がない。

    例えば、4位を獲得したトヨタrav4は、昨年4%減ながら43万台も売れていて一番人気の日本車であり、6位はトヨタ・カムリ。29万台と昨年比13%減とはいえ、アメリカで最も売れたセダンとしてランクイン。


    toyota rav4

    トヨタ車で他にトップ25位に入ったのは大型suvのタコーマ(10位)、セダンのカローラ(11位)、suvのハイランダー(14位)、そしてsuvの4ランナー(25位)。


    toyota カムリ

    文=ピーター ライオン

    この著者の記事一覧へ

    pick up

    あなたにおすすめ

    {forbesjapan.com}